« Finale2008、Sibelius5 日本語版リリース | トップページ | Sibelius5日本語アップグレード版申し込み »

Finale2008到着

楽譜作成ソフト「Finale2008」が到着しましたので早速インストール。

今回からマルチライセンス版があるようです。企業とか団体での購入・登録には、いいかもしれません。パッケージ届いてからインストールのタイミングがはやかったせいでしょうか、インストール後の登録認証が不能でしたが、しばらく間をおいたらできるようになった模様。

新機能はこちら

・「ブロック編集ツール」がなくなったこと。

最初の衝撃はこれです。「選択ツール」というのに統合されたようです。
この辺りは、Sibeliusの近づいてます。さすがにFinaleに慣れた手では、最初はちょっと戸惑いますが。

・オーディオトラックが用意された。

便利っちゃぁ、便利ですが。どのくらいの利用価値があるか、ないか。MIDIのプレイバックが、いくらかリアルに可能ならば、いいのかも。劇伴制作で、仮に歌やソロ楽器をのせてみるという使い方はアリ?

・楽譜書式のセットアップ。

これはいい、試してませんけど。Sibeliusでいう「ハウススタイル」だと思うんだけど。Finaleで過去の似たようなレイアウトを流用するときには、一度、ファイルそのものの中身(音符とか記号類)などを消去して、テンプレート化して使うようなことが多いと思います。でも、これだとゴミが残るし、ずっとやっているとファイルが重くなる、という現象もありますね。(データチェックかければ、いくらか解消されますが)差し当たっての手始めの煩わしさから解放されるというなら、歓迎ですが、これも試してみてから考えます。うっかり引き継がれない項目とかありそうですし。

・カラー符頭

これもどーでもいいです。っていう人が大半。教育用ですよね。
主に欧米なんかでは、音名と色の結びつけは、よく用いられるようです。ちなみに音名だけではなく、キー(調性)も色づけされるそうです。日本でも「色音符バイエル」とかあるらしいですね。

国内でいう色音符/色楽譜は田中すみ氏の考案だそうです。符頭に階名に合わせた色をつけ、五線との関係を見なくても、色で音の高さが分かるようにしたもの。

ド=赤、レ=黄、ミ=緑、ファ=橙、ソ=空色、ラ=紫、シ=白

そういえば、色といえば、スクリャーピンの共感覚による「色聴」を思い出します。

・スコアバインダー

これも、念願の機能のひとつパート譜しかないファイルからスコアを作れたりする。
あと、楽章モノで違う楽器編成でも、統合することができるらしい。聞いた話によると、なかなか感動的らしい。いずれ試してみます。

・セットアップウィザードの改良

「編曲者」名とか「サブタイトル」とか事前に入るようになった。うーん、すばらしい。あと、五線と五線の間隔も、あらかじめ細かく調整しておくことができるらしい。例えば、グループ間とか、加線が頻発するパート間とか。いいぞ。

あとは、スキャン機能向上とか、MusicXMLとか。このあたりは使う人が少ないだろうから、気にしない。

おいおい、細かなところをテストしてみます。

« Finale2008、Sibelius5 日本語版リリース | トップページ | Sibelius5日本語アップグレード版申し込み »

■楽譜作成ソフト」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14119/17914802

この記事へのトラックバック一覧です: Finale2008到着:

« Finale2008、Sibelius5 日本語版リリース | トップページ | Sibelius5日本語アップグレード版申し込み »