« =スコアとパート譜の連携対決(4) | トップページ | Mac OS X 10.5 Leopardへの対応状況 »

=スコアとパート譜の連携対決(5)

このシリーズ最後の項目となるが、Finale2007(Fin.)の【あともう一歩、残念なところ】をあげてみよう。

×スコアとパートで「テキスト」の文字サイズを切り替えられない。

Sib.においては、文字テキストもスコアとパート譜で異なるサイズ(ポイント)属性が設定できる(=スコアとパート譜の連携対決(2)参照)が、Fin.にはそれがない。このために、最終的には従来通りの「パート譜書き出し」を行わざるを得ない。手間を惜しまなければ、パート譜用のサイズのテキストを別途スコアに書き込み、スコアでは非表示、パートのみ表示という設定をすることも可能ではある。(一方、パート譜上では、スコアサイズのテキストを非表示に設定するわけだが、)しかし、これは煩雑で、スコア上では非常にごちゃごちゃするので、全くおすすめな方法とは言えない。

×松葉型クレッシェンド(デクレッシェンド)の横方向の長さ調節が独立してできない。

これもSib.では可能であるが、Fin.ではできないケースである。(=スコアとパート譜の連携対決(2)参照)松葉型の記号はスコアとパート譜では、縮尺や譜割りレイアウトが異なるので、横の長さや縦方向の位置などが必ずしも一致しない。特に横の長さは小節幅に因るので、スコア上では的確な長さが、パート譜上ではおよそ衝突したりする。(以下サンプル)

1_2
2_2

このため、これらを調整するためには、やはり最終的には「パート譜書き出し」を行う必要がある。ちなみに、縦方向の調整は独立してできる。横方向ができないのはマニュアルにも書いてあることから、ある意味、仕様なのだろうが、これはちょっといただけない。

×声部を分離したパート譜上で「道具箱ツール」が使えない。

これは、製品ページのFAQにも報告されているのだが、基本的に声部を分離したパート譜上では、一部の道具箱ツールを除いて、ほとんどが使えない仕様になっている。これが困るパターンとして、例えば、連桁の長さや角度を変更するようなケースだろう。(以下サンプル)

3_2
4_2

正しくはこのような修正が必要だが、この処理ができない。

5_2

×声部を分離したパート譜上で音符間のスペーシング処理がおかしいケースがある。

どのようなパターンで、このような現象に出くわすかはわからないが、このようなケースがままある。以下のように、詰め込み気味のパターンで出現する傾向があるようだ。(以下サンプル)

6
7

例えば、以下のように前後、小節割りを変更して緩めにすると気にならないが、これもまた困ったもんである。

8

×音部記号の独立処理ができない。

Sib.ではできるが、Fin.でできない。これは柔軟性に欠けている。(=スコアとパート譜の連携対決(2)参照)

×長休符(マルチレスト)の個別編集ができない。

独立したファイル上では可能なことになっているが、パートリンク機能の内部では、なぜかできない。バグ的なものだろう。試しに編集をしてみると、一見できたように見えるのだが、

9

一旦、他のパートへ表示を切り替え、あらためて戻って表示すると、デフォルトの状態に戻っている。

10

長休符の幅だけでなく、数字の高さなども変更できない。例えば、パーカッションなどの一線の時などは数字が浮いて見えるので、高さを低くすると見た目にも適当なのだが、このような処理ができない。「パート譜書き出し」後の個別のファイル上では、もちろん編集可能なので、いずれにしても最終的には「書き出し」処理が必須となってしまう。残念。

[2008.7.18追記]長休符の幅についてのバグですが、Fin.2007からは仕様が変更されたようで「長休符の自動更新」というオプションがあります。このチェックを外すことにより、手動で長休符の編集が可能になります。当方も途中で気付いたのですが、このエントリに修正を加えることをしてなかったのですが、Hossyさんのブログでしっかりとサポートされておりますので、詳しくはこちらを参照。このエントリー以外にもFinaleや楽譜作成、浄書にまつわる、大変有用な情報がまとめられていますので、紹介しておきます→『Finaleにまつわるエトセトラ』

×スコアとパートの表示ウィンドウの切り替えがやや煩雑。

Sib.ではデフォルトでパート譜表示のウィンドウが新規に開くが、Fin.では同一ウィンドウ内で表示だけが切り替わる。(キー・ショートカットで前後のパートには移動可能)幸いFin.ではウィンドウが複数開けるので、スコアとパート譜を同時に確認するためには、これを利用してもよいが、いささかスマートではない気がする。

« =スコアとパート譜の連携対決(4) | トップページ | Mac OS X 10.5 Leopardへの対応状況 »

■楽譜作成ソフト」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14119/17134781

この記事へのトラックバック一覧です: =スコアとパート譜の連携対決(5):

« =スコアとパート譜の連携対決(4) | トップページ | Mac OS X 10.5 Leopardへの対応状況 »