« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012.12.30

タクミのオケ談♪フラットだらけは、気軽にふらっと弾けないの巻

オケ専♪、コミュニティで13回目投稿。

http://okesen.snacle.jp/topic/oketopicdtl/id/takumioke/rid/7b5caa41d216d449149a6e57bfaebcf1

弦楽器で、フラット系が弾きにくいわけ。
ギターのFコードで挫折するわけ。

194af1d8ecf0a5413c725c6ca847df915b1d3fcc

ひとまず、よいお年をお迎えください。

| | トラックバック (0)

2012.12.11

LcND2012/12「待望の iTunes 11登場」

LinkclubNewsDigest12月分より、
タイトルは「待望の iTunes 11登場」

11月末ギリギリで、iTunes 11を発表。
11というシンボルに想いが込められたというのは、
いささか、勘ぐりすぎなのでしょうね。
だって予定よりは一ヶ月遅れたわけですから。
でも結果オーライ。

・アップル – iTunes – あなたを楽しませるすべてのエンターテインメントが、ここに。

今回は、ためらいなくアップデートを決め込みましたが、
いや、またわからない…。
それくらいの見た目の変貌。
最近のAppleのバッサリ感というのは、
こちとらユーザーが歳を重ねていくにつれて、
つき合いの距離感を徐々に引き離されていく不安感におそわれております。
そんなこんなで、いつもの賛否両論。

まず、どこがどうなったか。
最初に起ち上げて手足がでなくなるのは「サイドバー」がなくなったこと。
従来の画面左端にあった、あのサイドバー。
みなさんここで行き詰まる。
ひとまず「表示」メニューの「サイドバーを表示」を選択すると、
ああ、よかったと、少しばかり安堵するわけです。

Itune11 sidebar

さらに、サイドバーを表示しなくても、
プレイリストに曲を登録するには、
画面右端にドラッグしていくと、
プレイリストがウィンドウが飛び出すように展開してくるというのも、
便利と言えば便利か。

次に感激するのは、
アルバムのジャケット画像をクリックしたときに、
曲リストが展開されるのですが、
そのリストの背景色が、なんとジャケットの色を延長してくれていること。
文字として綴ると、いまいち伝わらないのですが、
実際に画面で見ると、これはキレイで見惚れるのです。


Itune11 cover
もっぱら、上記の仕組みを知ってしまうと、
アルバム表示の画面で見たときに、
アルバムのアートワークを補完したくなる衝動に駆られると思います。
アートワークが表示されていないのは、なんだかとっても味気ない。
よりヴィジュアル寄りの管理が楽しくなってきました。
いま、ガシガシとアルバムアートワークを追加する作業に没頭中。
右クリックでポップアップされる、
コンテクストメニューから「アルバムアートワークを入手」を選ぶと、
まず運が良ければ自動で追加されます。
お試しください。

Itune11 artwork

標準でミニプレイヤー表示内で、
あらゆる操作ができるようになったのは、
お待ちかねといったところでしょうか。
こちらもデザインが一新してクールな印象。

Itune11 miniplayer

このミニプレーヤーで、曲名が表示されないというバグ?
があるらしいのですが、
対処法なんかも見つけられているので、
どうしても気になる方はどうぞ。

・iTunes11のミニプレーヤーで、曲名などが表示されない場合の対処法 | Macとかの雑記帳

もう少し使ってみて、気がつくのが「次に再生」という項目。
はて、これはなんだろう?
文字通り「次に再生」する曲目リストを、
ユーザーがその場で選択していくことができるというもの。

Itune11 nextplay

シャッフル再生とも違って、
今の気分でチョイスしてプレイリストを作るような感覚とでもいいますか。
個人的には、ここに再生履歴があるのが、少し嬉しかったり。

Itune11 next

登場して間も無いタイミングとしては、
致し方ないところでしょうか、
上記の他にも、いくつかバグが発覚しているようです。
それも徐々に解消されるでしょうから、
まずは新インタフェイスに慣れる意味で、
iTunes 11に、ぜひ触れてみてください。

 

| | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »